原田産業 
通信・鉄道インフラ向けサイト

AIFチーム

5G 無線アクセスを検証するために理想的 なポータブルフィールドソリューション

セルアドバイザ5Gは、 5G 無線アクセスを検証するために理想的なポータブルフィールドソリューションです。その主要な 5G テスト機能には以下が含まれます。 yy 5G FR1 (準 6GHz) および FR2 ( mmWave ) 用のパシスタンス表示を備えたリアルタイムスペクトラムおよび干渉解析 yy最大 8 つまでの 5G 搬送波のパワーおよび最強ビームパワーレベルを測定し、対応識別子 (ID) と共に表示する 5G 搬送波スキャナー yy個別ビームを測定し、対応識別子、パワーレベル、信号対雑音比を表示する 5G ビームアナライザー yyカバレッジの確認、ビーム強度のリアルタイムマッピング、および後処理用にデータを利用可能にする 5G ルートマップ

5G 無線アクセスの概要 5G テクノロジーは、LTE と同様、直交周波数分割多元接続 (OFDMA) 伝送テクノロジーに基づくもので、QPSK から 256QAMデータ変調をサポートしますが、さらに以下の例が示す柔軟性も備えています: yy周波数動作帯域:搬送波の伝送帯域は次の 2 つの主要カテゴリで定義。 準 6GHz では周波数領域 1 (FR1)、 24GHz と52GHz の間のミリ波 (mmWave)では周波数領域 2 (FR2) yyチャンネル帯域幅:より広いチャンネル帯域幅構成の柔軟性、FR1 レンジは 5MHz~100MHz、FR2 は 50MHz~400MHz yyキャリアアグリゲーション:複数コンポーネントキャリアをまとめてチャンネル帯域幅を増やす yy ビームフォーミング:フェーズと振幅に基づいて複数ビームを生成・形成し、放射電力をユーザーの供給地域に向かわせる能力

リアルタイムスペクトラム及び干渉解析 リアルタイムスペクトラム解析モードと包括的干渉解析モードがあります。これには、5G サービング信号と潜在的な干渉を時間と周波数帯域で特性評価するための、2D および 3D スペクトログラム測定とパシスタンススペクトル解析を含みます。

最大 8 つまでの 5G 搬送波の、使いやすく応答が速いパワー測定を提供します。各搬送波のパワー測定には以下が含まれます。 yyチャンネルパワー:伝送フレーム全体 (10ms) 内のチャンネル帯域幅全体( 100MHz など)に組み込まれたパワー yy SS-RSRP(セカンダリ同期 – 基準信号受信パワー):ビームの伝送期間中、伝送帯域幅(例: 90MHz )全体を通して、対応する搬送波内での最強ビームのパワー測定平均値

5G ビームアナライザー 伝送期間中の 8 つの最強ビームと対応パワーレベルを含む、各伝送搬送波のビームフォーミングプロファイルを提供します: yy SS-RSRP(セカンダリ同期 – 基準信号受信パワー):セカンダリ同期信号を搬送するリソース要素のリニア平均パワー値 yy PS-RSRP(プライマリ同期 – 受信信号受信電パワー):プライマリ同期信号を搬送するリソース要素のリニア平均パワー値 yy SS-SINR(同期信号 - 信号対雑音比):セカンダリ同期信号を搬送するリソース要素のリニア平均パワー値を同一周波数帯域幅の雑音と干渉波のリニア平均パワー値で除算した結果値

ユースケース(VIAVI社提供)

  • フィールド試験(OTA)エリアマッピング