原田産業 
通信・鉄道インフラ向けサイト

AIFチーム

特長

●IEEE-1588 PTP グランドマスタクロック  •各種PTPプロファイル対応   (G.8265.1, G.8275.1, G.8275.2, 802.1AS(TSN)Profile,Telecom-2008 Profile,Enterprise Profile, Power Profile, Broadcast Profile SMPTE) ●TSN(Time Sensitive Network) IEEE802.1ASに対応 ●複数のコンステレーションに対応:GPS/GLONASS/Beidou/Galileo/QZSS ●時間精度15nsの正確性 ●ホールドオーバー±1.5us/20 時間 ●入力:GNSS、1588-PTP、SyncE ●出力:1588-PTP、NTP、SyncE、1PPS、10MHz ●ネットワーク管理:SNMP、Web UI、CLI ●IPv4・IPv6対応 ●動作環境:-40℃~+85℃、5~95%RH

測定画面

  • GNSS受信機の情報

  • スレーブ構成の設定

  • 位相オフセットのリアルタイムグラフ

仕様

仕様
  • 入力 GNSS、1588-PTP、SyncE 出力 イーサネット:1×RJ45(管理ポート)              1×1G SFP              1×1G RJ45 プロトコル PTP、NTP&SyncE GNSSアンテナ SMA
対応プロトコル
  • IEEE-1588(PTP)、NTPv4、SyncE、IPv4、IPv6、Telnet SFTP、SSH、RADIUS、SNMP ネットワーク管理 SNMPv2、HTTPS、CLI
ユーザーインターフェイス
  • CLI   モニタリング管理 Web UI モニタリング管理
サイズ
  • 寸法 (L x W x H) 208 mm x 200 mm x 44 mm 重量 3kg
電源
  • DC電源 -36VDC~-72VDC PoE   オプション
動作環境
  • -40℃~+85℃、5~95%RH (保存温度:-55℃~+105℃)

FAQ

TSN

  • Q

    IEEE1588-2008とは何ですか

    A

    金融や通信システムなどにおいて使用する高精度時刻同期のプロトコルを定義したIEEE標準規格です

  • Q

    TSNとは何ですか

    A

    Time Sensitive Networkingの略です。イーサネットをベースにしながら、時間の同期性を保証し、リアルタイム性を確保できるようにしたネットワーク規格の集合体です。

  • Q

    PTPとは何ですか

    A

    Precision Time Protocol の略です。コンピュータネットワーク全体でクロックを同期させるために使用される通信プロトコルです。Local Area Networkにおいてマイクロ秒以下の精度のクロック同期を達成し、測定や制御システムにも使用できるようにします。

  • Q

    Sync⁻Eとは何ですか

    A

    物理層で周波数同期する方式です。同期を行う伝送路のすべての装置がSync-Eに対応していることが必要です。

  • Q

    TSNが理想とする遅延はいくらですか

    A

    最低1ホップ当たり4μ秒未満(ショートメッセージの場合は1Gビット/秒)を維持することを目指しています。また、代替パスと複数のクロックパスを瞬時に切り替えるたり、複数の同時ストリームを用いてシームレスな冗長性を提供することによって、ネットワークの堅ろう性を高めています。さらに、大規模な実装に対する拡張性を実現すべく、設定や帯域幅予約に必要な管理トラフィックを低減します。

  • Q

    TSNはどこに組み込まれますか

    A

    データリンク層(レイヤ2)に組み込まれます(基本的にはどこでも可)。既存ハード設備などがそのまま利用でき、物理層などはそのままに、時刻同期や優先的に通すデータを制御する機能などを加えることで、リアルタイム性を確保しています。

  • Q

    定義されている仕様はどれですか

    A

    IEEE1588-2008の規格に順じ、特別なプロファイルを定義したのが、IEEE 802.1AS-2019 Timing and Synchronization for Time-Sensitive Applicationsです。

  • Q

    TSNスイッチの要件は何ですか

    A

    ①Flow Control  トラフィックのスケジューリング(802.1Qbv)  フレームの割り込み(802.1Qbu)  超優先転送(802.3br) ②Replication  複製と廃棄(802.1CB) ③Synchronization(Slave mode)  ネットワーク時刻同期(802.1AS-2019:gPTP) ④Flow Management ⑤Configuration(for network)

  • Q

    トラフィックのスケジューリング(802.1Qbv)

    A

    特定のTSNイーサネットフレームをスケジュール通りに送信しながら、TSN以外のイーサネットフレームはTSNフレームに関するベストエフォートに応じて送信されるためにするための手段を定義しています。

  • Q

    フレームの割込み(802.1Qbu)・超優先転送(802.3br)

    A

    フレーム割り込み(802.1Qbu)と関連物理層規格であるインタースパーシング・エクスプレス・トラフィック(802.3br)を定めています。エクスプレストラフィックだけが割り込み可能で、エクスプレストラフィックに対して遅延が保証されます。 リアルタイム動作のための妥協をせず、最大限の帯域幅を確保します。

  • Q

    複製と廃棄(802.1CB)

    A

    送信者がフレームを選択的に複製し、宛先で複製を廃棄することにより、冗長性を確保します。

  • Q

    ネットワーク時刻同期(802.1AS-2019)

    A

    ネットワーク内で、高精度な時刻を持つデバイスをグランドマスタに指定し、グランドマスタは、周期的に自身の持つタイムスタンプ情報をネットワークにマルチキャスト配信します。スレーブはマスタから配信された時刻に対して、グランドマスタから自身までのネットワーク遅延時間値で補正し、全ノードが同じ時刻を共有した結果、誤差1μ秒以下の高精度同期の実現します。

  • Q

    TSNトラフィックの特性

    A

    製造業では、以下の通信があります ①垂直通信:自動化制御装置と工場レベルのシステムおよびアプリケーションとの間 ②水平通信:自動化装置と制御装置との間(コントローラ間及びコントローラとフィールド間の装置(別称入力および出力または入出力)) TSNは②製造装置間で非常に重要な水平通信を提供します

  • Q

    TSNシステムの主要なコンポーネント

    A

    次の5つがあります。 ①ブリッジ(別名イーサネットスイッチ)TSNフローのイーサネットフレームをスケジュールにしたがって、送受信できる特別なブリッジになっています ②TSNフロー:エンドデバイス間のタイムクリティカルな通信を表す用語。各フローには厳密な時間要件があり、ネットワーキングデバイスはそれにしたがいます。各TSNフローはネットワークデバイスによって一意に識別されます。 ③エンドデバイス:確定的通信を必要とするアプリケーション。別名:トーカー及びリスナー ④CNC(セントラルネットワークコントローラ):確定的通信を必要とするアプリケーションに対して、プロキシネットワーク(TSNブリッジとそれらの相互接続)の役割を果たします。CNCはスケジュールを定義し、すべてのTSNフレームはそれにしたがって送信されます。CNCアプリケーションは、TSNブリッジのベンダーによって提供されます。 ⑤CUC(一元的ユーザー設定):CNCおよびエンドデバイスと通信するアプリケーション。制御アプリケーションとエンドデバイス。確定的通信(TSNフロー)のため、各フローに個別の要件でCNCに要求を行います。CUCはベンダーによって異なるアプリケーションです。通常、TSNエンドデバイスのベンダーはそれらのエンドデバイスのためのCUCを提供しています。

  • Q

    産業オートメーション用TSN定義プロファイルはどれですか

    A

    2021年7月に産業用オートメーション用TSNプロファイルを定義するIEC/IEEE60802規格が発行予定です。IEC/IEEE60802とCC-Link TSN両方共に802.1AS 同期を採用しています。我々のGM200は両方のネットワークで使用可能です。

技術

  • Q

    GNSSとGM200の同期する周期

    A

    GM200はGNSSと1PPS(1秒あたり1パケット)で同期し、常時接続されています。

  • Q

    WebUI(GUI)の各パラメータの意味

    A

    上記クイックガイドP.7以降をご参照ください

  • Q

    パラメータ変更後の出荷時設定への戻し方

    A

    クリック:SYSTEM MANAGEMENT>System>右上のギアアイコン(設定変更)>Load Factory Config>右上の構成保存アイコン(変更完了)

  • Q

    APTSとは何ですか

    A

    時間と位相の分布ITU-T G.8275.2 で定義されているアーキテクチャです

  • Q

    GM200が正常に作動していることを判断する数値・状況

    A

    次の3つの状態を確認次第、GM200が安定した状態で測定を開始できます。 ①クリック:SYSTEM STATUS>GNSS>GNSS Recieverにある、Receiver ModeがOverdet Clock(Time)(ODモード)を確認します。電源ONから35分後に表示されます ※上記取扱説明書(英文)PDPのP.86をご参照ください。 ②クリック:SYNCHRONIZATION MANAGEMENT>Sync Source>Sync Source Statisticsし、Sync Source欄にある"GNSS"が緑色でOffset・Mean・ Sigmaの数値が一桁であることを確認します。 ※上記取扱説明書(英文)PDPのP.108をご参照ください。 ③イーサネット接続に関連するアラームを除き、すべてのアラームをクリアにします。

  • Q

    デモ中に発生するアラームで問題ないものはあるのか

    A

    基本的にODモードでGM200を通常の状態にする場合、アラームすべてを消してください。(注意)お客様側のイーサネットの接続状態をベースに、イーサネットインターフェイスのアラームが発生する可能性があります。

  • Q

    GM200を正常に作動させるためには、Svの数値はいくらでしょうか

    A

    最適な条件(空がオープン、ルーフトップに取付)でGNSSアンテナを取り付けすれば、8以上の良好状態のSV(GPS・GLONASS構成)を確認することが出来ます。サプライヤの推奨として、正確な測定をしたいのであれば、いかなるケースでも最低5以上の良好状態のSVを挙げたいと考えております。つまり、最低5のSVで各衛星(SV)のdB信号(C/no)レベルは40以上が必要です。 ※上記取扱説明書(英文)P.97・P.98をご参照ください。

  • Q

    GM200搭載のPTPプロトコルバージョン

    A

    IEEE 1588v2-2008, 802.1AS-2011, ITU-T G.8265.1, ITU-T G.8275.1, ITU-T G.8275.2, SMPTE ST-2059-2, C37.238-2011 for Power profile and Enterprise profile.

  • Q

    GM200はPTPプロファイル変換が可能ですか(G.8275.2⇔G.8275.1)

    A

    可能です。 5Gネットワークモデルの一つに、バックホール(G.8275.2) / フロントホール(G.8275.1)で動作するユースケース(例:APTS)があります。この場合、GM200のスレーブ(バックホール) 側ではG.8275.2で、マスタ側(フロントホール)側ではG.8275.1で操作が必要です。 GM200なら、1スレーブポートにG.8275.2・もう片方のマスタポートにG.8275.1プロファイル(境界クロックとして)の構成が可能とし、G.8273.4 APTS要件を満たします。

  • Q

    32 スレーブ @128ppsの意味は何ですか

    A

    32スレーブに128syncパケット/毎秒、128 DelReq パケット/毎秒、そして、128 Del Resp パケット/毎秒。公表されている最大インターバル8パケット/秒のスレーブに対してです。

アンテナ

  • Q

    アンテナの最適な取付位置

    A

    一般的にGNSSアンテナは、ポールマウント用に設計されていますので、取付場所として屋外の場所を選択してください。比較的遮断されていない、周囲にモノがない状態が望ましいです。 アンテナは地面に垂直に取り付けます。 密集した木材、コンクリートまたは金属構造は、衛星信号からアンテナを防護してしまうため、ご注意ください。 GNSSアンテナはアクティブアンテナです。対象最適な性能を発し、レーダー、衛星通信機器、セルラーやポケットベルの送信機など、アンテナの送信からアンテナを可能な限り見つけます。 アンテナをレーダー設置の近くに配置する場合は、アンテナが他の RF アンテナまたはレーダーの送信コーンの外側に配置されていることを確認してください。 衛星通信機器の近くにアンテナを設置する場合は、同じガイドラインに従ってください。最良の結果を得るには、衛星通信機器から最低3m離れたところに設置してください。 GM200からアンテナ位置までのケーブルの長さは、アンテナの最小要件を下回る電源電圧を低下させないでください。

  • Q

    GPSアンテナの種類

    A

    GPSアンテナ(57860-20 5VAC) ケーブルTNC (M) ~SMA (M)(型番:112590)長さ:4m さらに長いケーブルを必要とする場合: >ケーブル75' TNC (M) ~ TNC (M) (型番112591)¥20,000 長さ25m >ケーブル12' TNC (M) ~ SMA (M)(型番112590) ¥7,000 長さ4m ※市販でケーブル間接続用アダプタ TNC(F)~TNC(F)が必要になります。 また、サージプロテクタ(800~2500MHz) (型番112413)(両端TNC (F)接続)¥30,000 もお勧めします

  • Q

    推奨するGPSアンテナキット

    A

    価格¥77,000 GMCアンテナ1、ケーブル2、サージプロテクタ1、バレット360アンテナ1 ケーブル間アダプタ、アンテナ長期敷設用マウント・ポールも推奨しております。

  • Q

    バレットアンテナ360の性能

    A

    バレットアンテナ360はGPSアンテナ(57860-20 5Vdc)です。GPS・Beidou・Glonas・QZSS衛星の受信が可能です。

クロック

  • Q

    クロックの種類

    A

    次の3種類があります。 ・Ordinary Clock(OC):通常クロック  -単一のポートをもつPTPノード  -端末にあるノード ・Boundary Clock(BC):境界クロック -複数のポートをもつPTPノード  -1ネットワークから別への同期  -Ethernetスイッチ内のクロック ・Grandmaster Clock(GMC):グランドマスタクロック  -安定した正確性  -最高のマスタークロックに定義  -ローカルネットワークに1GMC

ソフト更新

  • Q

    購入後、最新版のプロトコルバージョンに更新できるのか

    A

    Trimble社より新しいバージョンのファームウェアをご提供して更新します。方法は、ダウンロードかFTP(ファイル転送プロトコル)を通じて更新になります。費用は無償です。リリースノートと共に新しいファイルをお送りします。その後、WebUIかCLIコンフィグを通して、お客様サイドでアップグレードして頂きます。

ビジネス

  • Q

    競合他社はありますか

    A

    GM200には、TSN市場で日本に多くの競合他社がありません。競合品として、他社製GNSSチップがあります。GNSSチップとすべてのTSN環境からGM200を作ることは難しく、最低1台のGM200が必要です。

  • Q

    競合他社製品との違いを教えてください

    A

    2019年では某キャリア様、また、大手製造メーカー様でも競争にてGM200を選んで頂きました。その大きな理由は 次の通りです •価格(※ケースバイケースだとは考えています) •精度(GM200はUTCから+/-15ns、他社は+/-40ns) •消費電力(GM200は5-10W 、他社は18-20W)

  • Q

    必要とされるGM200の台数はいくらですか

    A

    すべてのTSNネットワークには最低1台のGM200が必要です。また、7つのスイッチに対して1台のGM200が理想です。