原田産業 
通信・鉄道インフラ向けサイト

AIFチーム

特長

・Broadcom63138チップセット ・G.fast及び新しいVDSL2 35b(E=VDSL2)プロファイルのサポート ・VDSL2およびADLS2+ボンディングに加え、VDSL2及びADSL2+テストの下位互換性 ・G.fast及びVDSL2でベクタリングがサポート ・106MhzまでのQLN./bin(静かなラインノイズ)とHlog/bin(減衰)とSNR/bin(信号対ノイズ比)を表示 ・WANおよびLANポートでのGigE接続をサポート ・ワイヤレスモバイルアプリケーションのサポート    

測定画面

  • メタル回線の障害位置測定

  • スピード試験

  • 静電容量

  • PASS/FAIL

  • アプリケーション

G.fast

概要
  • ①既存のメタルケーブルを使用し、高速通信が可能となる通信規格。 ②ファイバ終端点と加入者端末間を最大伝送速度1Gbit/sで通信が可能となる。 ③上り・下りの伝送速度  ・線路長100m未満:500~1000Mbit/s  ・線路長200m時  :200Mbit/s  ・線路長250m時  :50Mbit/s ④アクセス環境での適用  ・FTTC:光ファイバを建物の手前まで引きONUで電気信号へ変換後、屋内にメタルケーブルのネットワークを構築。  ・FTTdp:局舎からDPU装置(局側設備装置)まで光ファイバで伝送し、DPU装置からユーザまでの区間をメタルケーブルで伝送。
技術仕様
  • ・周波数範囲:2~212MHzの帯域を使用。 ・変調方式:OFDM方式を使用。(DSLと同様。) ・ベクタリング方式:遠端漏話による干渉を軽減するための技術。 ・多重化方式:上り・下りともにTDD方式を採用。(VDSL2ではFDD方式を使用)

FAQ

最新事情

  • Q

    欧米各国の主要キャリアの動向

    A

    ・BTグループ(イギリス) ・DPU装置(局側設備装置)のキャビネットへの配置検討。   (加入者装置まで500m程。) ・DPU装置の電柱への配置を検討。 ・Swisscom(スイス):DPU装置をマンホールに配置。   (加入者装置まで150m程。) ・BellCanada(カナダ):集合住宅の地下室や壁掛けとしてDPU装置の配置を検討。