原田産業 
通信・鉄道インフラ向けサイト

AIFチーム

特長

 K5G-C-100Aはモバイルルーターながらチップセット(SoC)にはQualcomm製のハイエンド向け「Snapdragon865」、モデムには「Snapdragon 5G X55 5G Modem-RF System」、8GB内蔵メモリー(RAM)や128GB内蔵ストレージを搭載するなど非常に高性能で、OSにAOSPを採用、高スペックを活かして本機単独でのエッジコンピューティングも可能にします。

 また、エンコード・デコードアプリをインストールすることで、本機単独で4K動画のエンコード・デコード機能を持たせることもでき、これらの汎用性の高いさまざまな用途とニーズに応えられる特徴を持っています。

 さらに、GPS、GLONASS、Beidou、ガリレオ、みちびきの5つの位置測位システムとA-GPSに対応しているため高精度な測位もできます。

 正面には約2.6インチのタッチパネルディスプレイがあります。

本体外観

  • 正面・右側面

  • 上側面・左側面

MOVIE

関連動画

FAQ

通信

  • Q

    利用できる通信方式とネットワークタイプ

    A

    ①5GはNSA/SAの両方対応しております。 通信方式:5G NR(Sub6/mmW)、Local5G(Sub6/mmW)、4G LTE™(マルチバンド) ※キャリア5Gは現状、5Gと4G併用のNSA環境のみ存在 (今後、数年間は続くかと思われます) ※ミリ波のSAはチップセットが未対応。基地局、端末ともにミリ波SAには非対応 ②端末からの接続方法は、USB Type-Cもしくは、Wi-Fi(802.11 a/b/g/n/ac/ax)です。

  • Q

    無線LAN セキュリティプロトコルとして、WPA2、WPA3を持っていますか

    A

    持っています

機能

  • Q

    内蔵アンテナはありますか

    A

    あります

  • Q

    ローカル5G基地局の電波シミュレーションに使えますか

    A

    アプリ「電波情報取得ログ」を使えば、取得した電波の情報を本体ディスプレイに表示し、端末にデータを保存、CSV形式でログの出力もで可能です。 また、設置した場所の24時間の電波状態を確認も可能で、持ったまま特定のエリアを歩きまわり、GPS情報と合わせてヒートマップ化することも可能です。K5G-C-100A自体の稼動ログもAPIで取得できるので、遠隔監視も可能です。ローカル5G導入サービスを提供するSIerにも活用していただけると考えております。

  • Q

    映像取り込みで使用できますか

    A

    予め映像のエンコード・デコードができるアプリがインストールされているため、カメラからUSBケーブル経由で取り込んだ映像を、K5G-C-100Aで直接エンコードしてH.265に圧縮してクラウドに送信や、反対に受信映像をそのままデコードして4K対応ディスプレイに表示することもできます。簡単なライブ配信であれば、送信側と受信側に1台ずつ使用するだけで、専用のエンコーダー/デコーダーが不要になります。 放送用途以外でも監視カメラの映像をエッジコンピューティングで処理し、必要な部分だけ送ることで、クラウドの負荷やコストも削減される。

  • Q

    搭載されているROMの目的は何ですか

    A

    AOSPのOSを搭載しています。これは、Androidベースのアプリをインストール頂くことを想定しています。さらに、このアプリを使用する場合のユーザーデータの保存領域としてもお使い頂けます(例:画像データを保存するなど)。

  • Q

    GPS機能による利点は何ですか

    A

    例えば、プリインされている電波測定アプリでは、電波強度と共に位置情報のログを残せます。よって、各エリアの電波強度をヒートマップのように管理することも可能です。また、位置情報を必要とするようなアプリを作成頂くこともできます。

  • Q

    BWA/L5G共通SIMとMVNO-SIMをエリア自動判定で切り替えれますか

    A

    エリア自動判定での切り替え機能はございません。

  • Q

    ローカル5Gの電波測定は可能ですか

    A

    私共の現状ラインナップで、ローカル5Gの電波測定に対応できる方法があります。 5Gコネクティングデバイス(DMポートが開いた状態)+PC+ソフトウェアインストール(ソフトウェアTI)https://infocom.haradacorp.co.jp/5g/ti

  • Q

    BWAのB41は使えて、L5Gが不安定だと切り替えれますか

    A

    端末で自動切換え設定をONにすることにより、 圏外時にSIM1とSIM2の待受け切り替えが可能です。L5GとLTE(B41)の組み合わせでも可能です。

仕様

  • Q

    1台納入の場合、他に付属の設備、システム等購入が必要ですか

    A

    デバイス本体に付属品はございません。また、お使い頂くに際し、デバイス本体以外には、SIMカードが必要になります

  • Q

    スループット連続稼働はどれくらい可能ですか

    A

    バッテリ使用で2時間以上になります。常時給電していれば、さらに利用可能です。

  • Q

    接続可能な台数は最大いくらですか

    A

    20デバイスです

  • Q

    ルーター機能

    A

    ・DHCP ・Port forwading ・Packet filtering

  • Q

    端末のポート開放は可能ですか

    A

    可能です。 ポート開放(DMポートをオープンにする)によって、Q社チップセットの情報を読み取りが可能になります。目的は、例えば電波測定ツール使用時に端末側をこのような状態にすることが多いようです。 端末側の標準では、このDMポートを閉じた状態です。ポートを開くツールを使い、端末のDMポートを開く(見えるようにする)必要があります。 (残念ながら、ポートを開くツールはご提供できません)

  • Q

    最低動作温度は0℃以下、最高動作温度は40℃以上ですか

    A

    動作保証温度は5℃~35℃です。

  • Q

    最高動作湿度は90% 以上ですか

    A

    動作保証湿度は10~90%です。※結露しないこと

アプリケーション

  • Q

    FA環境(使用温度5~35℃・防塵×)への対応

    A

    基本的には常温環境でのご利用を想定しています。尚、非防塵ではございますが、埃などが入りにくい機構にはなっております。FA関連で過酷な環境でのユースケースも考えられますので、次機種以降で対応を検討していく方向です。

  • Q

    5Gの新しい規格が出てくる場合、想定してバージョンが改訂されていきますか

    A

    ハードの設計変更も必要ですので、別機種として開発していくことになります。

保守

  • Q

    保守内容

    A

    ①商品納入後の不具合、自然故障等は、お客様の故意・過失による場合を除き、お客様への納品後1年間が保証期間になります。 ②商品から取得されたデータの保守・保存は保証されません。 ③我社で一旦、故障の切り分けします。(※我社では代品サービスはまだ実施していません) ④メーカーにて申告内容を確認後、無償修理、代品交換、有償修理の切り分けします。 ⑤有償修理の場合は、見積を弊社より提示します。 ※当該汎用製品につき、あらゆる事例まで想定してものではないことをご了承ください

許認可

  • Q

    通信機器の取り扱いとして、許認可は必要ですか

    A

    メーカーが全て端末として認証取得しておりますので、必要となる手続きはございません。