原田産業 
通信・鉄道インフラ向けサイト

AIFチーム

特長

● 3GPP Rel.15 Sub-6+ 5G NR対応 ● ギガビットEthernet装備 ● WISE CONNECT™装備 ● OTA機能(自動ファームウェア更新機能) ● 異常検出・自動復旧 ● 負荷分散機能搭載

外観

  • 正面

  • 背面

仕様

CPU
  • MIPS 1004 Kc(880MHz) デュアルコアCPU
メモリ
  • 16MB NOR フラッシュ、8GB eMMC(フラッシュ)、512MB DDR3
対応モード
  • NSA/SA ※すべてのgNodeBとの接続を保証するものではありません。
対応バンド
  • 5G:n77、n78、n79(4550~4850MHz) 4G:B1、B3、B8、B18、B19、B26、B28、B39、B41、B42 3G:B1、B3、B8、B19
外部インターフェイス
  • RJ-45 (10Base-Te/100Base-Tx/1000Base-T)×1ポート(WAN/LAN) RJ-45 (10Base-Te/100Base-Tx/1000Base-T)×1ポート(LAN) modbus TCP対応可能 RS232 RS485(RS232共用) USB2.0 Host DIO×2 アンテナコネクタ:SMA×6 USIMカードスロット(nano)
ボタン/スイッチ
  • モードスイッチ、リセットスイッチ
アンテナインターフェイス
  • セルラー用SMAコネクタ×4、Ext.SMAコネクタ×2
付属:5G対応アンテナ
  • ・型番:iAN067-5G56 ・本数:4本 ・Sub-6対応 ・技適取得済 ・周波数範囲  704-960/1427.9~1510.9MHz         1710-2170/2300-2690MHz         3300-5150/5150-5850MHz ・ピークゲイン 1.65dBi@699-960 MHz         1.0dBi@1427.9-1510.9 MHz         2.95dBi@1710-2700 MHz         2.94dBi@3300-5150 MHz         2.97dBi@5150-5850 MHz
付属:電源
  • ・ACアダプタ(JEITA/EIAJ DCプラグ) ・個数:1個 ・AC100V~240V DC12V ・3A出力
オプション
  • 屋外用防水アンテナ iAN078-5GS6
制御コマンド
  • CLI装備
寸法(mm)
  • 77.9(SMA部含む88)×125(取付耳145)×24.8(L x W x H)
重量(g)
  • 380(WISEコネクト モジュール、Acアダプタ含まず)
消費電力
  • 通信時最大:16W
動作環境
  • -10~60℃ ※内部温度を監視しており、温度の上昇によっては通信速度を制御する場合があります。
保管環境
  • 温度-20~70℃、湿度10%~95%(結露なきこと)
その他の機能
  • ・ルーター機能、自動復旧機能、VPN機能(要相談) ・リブーター機能(iP100B接続時) ・RS232プロトコル変換機能、定期リブート機能 ・通信パケット量監視機能、Ping監視機能 ・ソフトウェア自動アップデート機能
VCCI
  • VCCI Class B(自社適合)
特許・対策
  • LTE放熱技術:特許出願中 2018-086911
認証取得
  • 国内認証:工事設計認証(技適) 海外認証(取得予定):FCC, IC, CE 相互接続性試験(IOT)取得済:NTTドコモ、KDDI(au)
振動試験
  • ■自動車部品振動試験 JIS D1601:1995  ・種類   第 1 種(主として乗用車系)        第 2 種(主としてバス系)  ・振動条件 A 種 ■鉄道車両用品振動及び衝撃試験 JIS E 4031:2013  ・区分   区分1(車体取付け)  ・等級   A
EMC試験
  • 静電気放電イミュニティ  ・国際規格 IEC 61000-4-2:2008-Ed2 放射無線周波数電磁界イミュニティ  ・国際規格 IEC 61000-4-3:2020-Ed4 電気的ファストトランジェントバーストイミュニティ  ・国際規格 IEC 61000-4-4:2012-Ed3 サージイミュニティ  ・国際規格 IEC 61000-4-5:2014-Ed3 伝導妨害イミュニティ  ・国際規格 IEC 61000-4-6:2013-Ed4 電圧ディップ・瞬停電圧変動イミュニティ  ・国際規格 IEC 61000-4-11:2020-Ed3

FAQ

技術

  • Q

    ローカル5Gの屋外では4.8や4.9GHzですが、周波数4.9GHzに対応していますか

    A

    対応しています。技適取得済みバンドとしてカタログや資料に「4550~4850MHz」と記載されておりますが、こちらは中心周波数としての記載になります。

  • Q

    リリース16に準拠していますか

    A

    リリース15に準拠しておりますが、リリース16には準拠していません

  • Q

    受信利得としてどれぐらいの無線を受けれますか

    A

    アンテナ利得:-3dBi以下(※広帯域なので一概に申し上げれませんが、電波法上、規定されています)

  • Q

    無線電波の出力

    A

    23dBmです

  • Q

    帯域幅

    A

    最大100Mhzです

  • Q

    アンテナが標準で4本ある理由は何でしょうか

    A

    4G/5Gの帯域を4本のアンテナでカバーする設計になっているためです。

  • Q

    アンテナ4本はMIMOのアップリンク・ダウンリンクに対応していますか

    A

    UL 2x2 MIMOには対応していますが、技適は現在取得中です。

  • Q

    ルータ~アンテナ間は直結ではなく、間に同軸を挟んで繋ぐことは可能か

    A

    可能です。しかしながら、アンテナ品質が著しく低下し ネットワーク品質も同様になることがありますので、お客様責任において運用をお願いいたします。

  • Q

    負荷分散機能とは何でしょうか

    A

    ネットワークに負荷をかけない機能になります。例えば、複数のネットワークカメラやセンサ等がクラウドやサーバーに情報をアップする際のクラウドやサーバーへの負荷が集中しないよう、自動的にアクセスするタイミングを設定する機能となっております。

  • Q

    ミリ波に対応していますか

    A

    有償オプションのモジュールとして対応しております。ただし、実際にミリ波運用の場合は専用に設計されたアンテナが必要で、サプライヤに技適取得されていない試作機がございます。(現在在庫なく納期は要相談)

  • Q

    OTA以外のファームアップデート方法

    A

    LANポート接続によるローカルネットワークにて1台ずつ手動で更新していただくことになります。ファームのアップデート情報がIDY社から共有され次第、随時アナウンスさせていただきます。