原田産業 
通信・鉄道インフラ向けサイト

AIFチーム

特長

〇経験を問わない、簡単操作、高精度。 〇3秒で光ファイバケーブルリンクの検証。  ・ケーブル長、挿入ロス(IL)、光リターンロス(ORL)を表示。 〇5秒で故障点の探索が可能。  ・ケーブル長、挿入ロス(IL)、光リターンロス(ORL)に加え、故障点をアイコンで表示。 〇10秒でリンクのマッピングが可能。  ・ケーブル長、挿入ロス(IL)、光リターンロス(ORL)、リンク全体のマッピング。 〇シングルモードの測定距離は最長で40km。 〇バッテリ稼働:10時間。 〇クリックアウトコネクタ:消耗しやすい機器側のコネクタを、現場で取り換えることが可能。

測定画面

  • 測定画面(不良箇所のアイコン表示)

  • 測定画面(接続点のアイコン表示)

  • 測定画面(短距離内に複数の接続点が存在する場合)

MOVIE

関連動画

仕様

測定機能
  • ①リンク検証/故障点探索/リンクマッピング  ・リンク検証:リンク長/挿入ロス/リターンロスを表示  ・故障探索:リンク検証に加え、故障個所の検出  ・リンクマッピング:リンク検証、故障探索、リンクマッピング ②光源  ・波長:1310/1550/1650nm  ・変調:CW/270Hz/330Hz/1kHz/2kHz ③光パワーメータ  ・波長:1310/1490/1550/1625/1650nm  ・変調識別:270Hz/330Hz/1kHz/2kHz  ・測定レンジ:-60~+15dBm
機器モデル
  • ①OX1-PRO-M (波長:1650nm) ②OX1-PRO-I (波長:1310/1550nm) ③OX1-PRO-MI (波長:1310/1550/1650nm)

FAQ

全体

  • Q

    Optical Xplorerとは何ですか

    A

    OX1は、業界初の光ファイバマルチメーター(OFM)です。この新しいカテゴリは、エンジニアが通常使用するマルチメータと比較できます。OX1は、パワー、挿入損失(IL)、反射減衰量(ORL)、および長さを測定することにより、光リンクを検証するマルチメータです。リンクに問題がある場合は、高いレベルで自動的に障害を検出して識別します。

  • Q

    OX1は通常のパワーメータやVFLよりも優れていますか

    A

    はい、優れています。マルチメータとして、OX1は障害を正確に検出できるパワーメータを備えています。VFLや光源・パワーメータは問題検出に優れたツールですが、正確に特定して診断することが出来なく、時に試行錯誤が必要です。トラブルシューティング中に、パワーメータは電力を測定できますが、リファレンスとなる電源がないと損失測定が出来ません。OX1は、長さ・挿入損失・ORLを一度に測定するため、通常のパワーメータが関わる面倒なリファレンスの必要がなくなります。

  • Q

    OX1は故障発見器または故障探知器ですか

    A

    いいえ、これは、リンク全体の検証(長さ、IL、ORLの測定)の通常のプロセス中に障害を検出できるスーパーパワーメータです。障害ロケータは、常にリンクのILとORLを測定するわけではありません。障害ロケータは、1.5dBの壊滅的な現象か破損のみを検出します。目的は、実際に断線があることが判明している時に、断線までの距離を見つけることです。また、距離精度はそれほど正確ではありません(10 kmのファイバの場合、+/- 100 m)。OX1は、0.3 dBのスプライス、0.5 dBのコネクタ、およびマクロベンドなどの一般的な障害を検出できます。また、標準的なリンクに対して+/- 1.5 mの精度を備えたこのツールは、トラブルシューティングに非常に効率的です。 エンジニアは、試験中のリンクに障害があることを知っている場合にのみ障害ロケータを使用します。OX1は、リンクを検証し、長さ、ILおよびORLを測定します。障害が発生した場合、エンジニアによる追加アクションなしで、スプライス障害も見つけて識別します。また、パワーチェッカと電源ソースも備えており、複数のデバイスを携帯する必要がありません。

  • Q

    OX1は安価なOTDRでしょうか

    A

    いいえ、OX1は、OTDRまたはiOLMと同じ目的には使用できません。 OX1は、障害を特定し、リンク全体を検証できますが、ファイバリンクを特徴付けることも、SORトレースや、OTDRから期待されるその他の通常のパラメータを提供することもありません。 ・ダイナミックレンジの指定なし ・パルス調整なし ・受入試験なし(SORトレースがないため)。 ・OTDR表示ではない(GUI、ユーザーエクスペリエンス) ・パラメータが少なく、テスト構成がない ・データ抽出なし(単一測定のPDF共有のみ) ・OTDRを使用するためには、必要とする専門知識が非常に多い 通常のOTDRのように特徴付けるのではなく、トラブルシューティングするという独自の目的でOX1は開発されました。障害の検出と特定を容易にするために、すべての検出可能な要素を表示しました。

  • Q

    OX1を購入しても、OTDRは必要ですか

    A

    はい。OTDRまたはiOLMは、リンクの受け入れ、完全なエンドツーエンドの特性評価、およびたとえば建設段階中の実行証明書の発行に必要です。問題がセントラルオフィスとスプリッタ間にある場合のスプリッタを介した試験など、Tier-2トラブルシューティングの複雑な事例にも必要になります。 一方、OX1を使用すると、最前線のエンジニアは、主に敷設、保守、修理中に、リンクを確認し、その場で軽微な問題をトラブルシューティングできます。

技術

  • Q

    OX1の革新的な点は何ですか

    A

    EXFO社は光ファイバマルチメーターのカテゴリを創造し、再び革新を起こし、現在3つの特許出願中の技術革新を所有しています。これらはすべて、OX1に含まれています。革新的な側面は次のとおりです。 A.特許出願中:5つ星評価(EXFO Advisor)で、超高速のシングルエンドファイバ状態確認 B.特許申請中:Fault Xplorer機能は、ファイバを特徴付けるのではなく、ファイバを探索し、5秒未満の障害を検出し、簡単かつ高速なリンク状態検証と障害識別(最大40 km)をすべて一度に実行します。 C.特許申請中:Click-Out Optical Connectors™は技術者が現場で修理できるように支援します–輸送の問題やダウンタイムを回避します。

  • Q

    5つ星評価(EXFO Advisor)は何ですか

    A

    EXFO Advisor™は5つ星の評価を使って、リンクを評価します。これは、EXFOの光ファイバに関する深い専門知識と業界のベストプラクティスに関する知識によって可能になった革新です。 リンクの個々の要素が検査に合格しても、リンクが業界のベストプラクティスに従って構築されたかは、保証されません(例:正常なコネクタを10個備えた5 kmのリンクは、閾値に基づいて合格診断を得られますが、これだけ不十分な構造であれば、次世代ネットワークとしては最適とはいえません)。 EXFO Advisorは、リンクがいかに効率的かつ堅牢に構築されているかを示します EXFO Advisorの5つ星スケールは、合格/不合格の診断ではなく、代用でもありません。エンジニアが特定の閾値を適用する必要がある場合、OX1は合格/不合格モードでも使用できます。合否判定は定量的で、事前設定された閾値に関連していますが、5つ星の評価は定性的な評価です。 ILとORLの合計値にのみ適用されます。リンクには、1つまたは2つのわずかに故障したコネクタのある高定格と、わずかに合格したコネクタの多い低定格があります。評価は、リンクの堅牢性とアップグレードの準備状況を示します。次のことを知らない技術者にとって、EXFO Advisorは便利です •リンクの適切なILおよびORL制限 •閾値値を設定方法 •閾値 •9.2 dBの損失があるリンクが良いか悪いか •37 dB ORLのリンクが良いか悪いか 初心者の技術者にとって、星による評価は理解しやすいものです。15 kmリンクのORL:37dBは、良い場合も悪い場合もあります。 250mリンクでの同じ測定はよくありません。ほとんどのエンジニアはこの評価を難しいと感じるでしょう。これを分類できるのは、OTDRを持つエキスパートだけです。EXFO Advisorはそれが可能です。 *比喩的に、ホテルの評価と比較できます。ホテルの評価は、ホテルが所有するレストランの数などの設定基準に基づいています。 2つ星ホテルを選択すると、ニーズは満たされますが、品質は低くなります。同様に、ネットワークの場合、総損失が損失バジェットを下回る場合は2つ星のリンクで十分ですが、最大限の信頼性は期待できません。

  • Q

    5つ星評価で表示される各★の意味

    A

    リンク評価に使用される主な基準を説明しています。 5: リンクロス および/または 光リターンロス の状態は、当該長さのリンクに対する一般的な期待を超えています。リンクは業界のベストプラクティスと比較して適切に設計されています。 4 ~4.5: リンクの状態は、当該長さのリンクに対する典型的な損失やORLの期待を満たします。リンクは、業界のベストプラクティスと比較して適切に設計されており、障害のある要素が含まれることはほとんどありません。 3 ~3.5: リンク上のイベントによっては、最適でない損失または反射が発生する場合があります。および/または、リンクには、その長さに対して多数の接続が含まれています。 3未満:リンク上のいくつかのイベントが最適でない損失または反射を引き起こしている可能性が非常に高いです。および/または、リンクの設計が不十分で(フィールドの制約が原因である場合があります)、含まれているイベントの数が多すぎて、その長さの損失または反射を引き起こしています。

  • Q

    Fault Xplorer機能はiOLM試験とどのように違いますか

    A

    Fault Xplorer機能は、疑わしい現象を追跡する際、5秒未満で合否(IL、ORL、および長さ)を確認します。リンクに障害がない場合、試験は非常に高速になります。これは、EXFO社のOTDRに搭載されるiOLMテストとは大きく異なります。障害の場合、OX1は自動的に追加の試験時間を割り当てて、問題(位置、損失、反射率、現象の種類)を正確に診断します。 Fault Xplorer機能は、潜在的な障害を追跡するだけで、すべての側面を特徴付ける時間を無駄にしません。

  • Q

    コネクタの推奨交換頻度はどのくらいですか

    A

    メーカー推奨はございません。必要時に確実に交換するために、本体のコネクタ診断機能があります。操作ガイドを起動し、コネクタの品質をチェックして評価します。 ※)本体が定期校正で工場に戻ると、状態が悪いため、コネクタは95%交換になります。必要性を予見し、クリックアウトコネクタを事前に購入するチャンスです。

  • Q

    光ファイバのIOR(群屈折率)は変更可能ですか

    A

    可能です。設定画面から変更できます。

価格と納期

  • Q

    一般販売価格(税別)と参考納期を教えてください

    A

    次の通りです ・OX1-PRO-I-91-00  波長:1310/1550 nm/(SC/UPC) 78044830   ¥612,500.- 受注後30日 ・OX1-PRO-MI-91-00  波長:1310/1550/1650(live)(SC/UPC) 78044833  ¥1,100,000.- 受注後30日

その他

  • Q

    5G展開でOX1はどのような役割を果たしますか

    A

    南米・欧州・中東・アフリカ・APACに導入される膨大な量のファイバで、OX1は、技術的バックグランドや経験レベルに応じて、多くのエンジニアがその仕事を効率的に終了できるようにします。米国では、5Gについて話す時、顧客はOTDRとイーサネット両方の試験技術を探している可能性があります。ここでは、FTB-700Gの使用をお勧めします。  ※要件が「多数のエンジニアが装備すること」である場合は、ご注意ください。