原田産業 
通信・鉄道インフラ向けサイト

AIFチーム

特長

・既存の光ファイバに接続して、列車の運行状況を高精度で監視可能 ・土砂崩れや倒木、地震の発生を瞬時に検知し、素早い初動対応可 ・OptaSense 社( イギリス) で開発され、ヨーロッパ、アメリカ、中東の鉄道会社で採用実績あり ・その他分野で様々なアプリケーション(セキュリティー、高速道路、地震、等)

MOVIE

関連動画

仕様

性能
  • 測定距離:最長50㎞ 波長:1550nm AC電圧:100V-240V ファイバタイプ:通信用シングルモードファイバ (ITU-TG.652,654、その他外径125μmのシングルモードファイバ) コネクタタイプ:E2000コネクタ(APC研磨)
寸法・重量
  • 133mm×435mm×455mm/17kg

FAQ

設計コンセプト

  • Q

    測定原理はどうなっていますか?

    A

    光ファイバーケーブルにパルス信号を送り、ファイバー内で反射して帰ってくる散乱光の到達時間、位相を解析することで、光ファイバーを極めて細かいマイクロフォン・アレイとして使うことが出来ます。

  • Q

    なぜ、具体的な現象が特定できるのですか?

    A

    検知した光信号の変化や状態を、OptaSense社独自に開発したアルゴリズムで分析することで、列車の長さや動き、土砂崩れや落石、倒木等の現象を特定することが出来ます。

設置

  • Q

    DAS装置を使用するために、光ファイバーを敷設する必要はありますか?

    A

    既存の通信用、信号用等の光ファイバー網に接続するだけでモニタリングシステムを構築できることが当DAS装置の特徴なので、新たに敷設する必要はありません。

  • Q

    E2000コネクタとは何ですか?

    A

    自動開閉シャッター付きのコネクタで、より高い防塵性能を持ち、目の保護に最適です。 また、挿入損失 が0.1dBのため、繊細な光検知が要求される当DAS装置には必須のコネクタです。

  • Q

    自分たちだけで設置できますか?

    A

    最初は、様々な設置条件が要求されるため、ご購入頂いた際には、当社もしくはメーカーのエンジニアが現場に同行し、設置のお手伝いをさせて頂きます。