原田産業 
通信・鉄道インフラ向けサイト

AIFチーム

特長

●トランザクション25,000/毎秒に対応 ●対応プロトコル:NTP、SNTP、IPv4、IPv6、   SFTP、SSH、RADIUS、TACACS+、SNMP、   DAYTIME、Telnet、TIME ●時刻(TOD)精度 15ナノ秒(1-sigma)UTC基準   周波数精度     1.16×10-12 (1日平均)   ホールドオーバー <1×10-10 (24時間) ●PRCへトラッキング<15ナノ秒(固定) ●入力:GNSS (GPS、GLONASS、Galileo、Beidou) ●出力:NTP、PPS、10MHz ●ネットワーク管理:NMPv2、HTTPS、CLI ●動作環境:-40℃~+85℃、5~95%RH

外形

  • 外寸(単位:mm)

  • インターフェイス(フロント)

  • 管理ソフトウェア ファームウェアバージョンの確認(赤枠)

仕様

仕様
  • 入力 GNSS (GPS、Galileo、Beidou、GLONASS) 出力 NTP、PPS、10MHz     1×1G SFP(Eth 0)     1×1G RJ45(Eth 1)     1×RJ45(マネージメントポート:Eth 2)
対応衛星コンステレーション
  • GPS、Galileo、Beidou、GLONASS
対応プロトコル
  • NTP、SNTP、IPv4、IPv6、Telnet、SFTP、SSH、RADIUS、TACACS+、SNMP、DAYTIME、TIME
性能
  • 時刻(TOD)精度   15ns(1-sigma)UTC基準 周波数精度      1.16×10-12 (1日平均) ホールドオーバー   <1×10-10  (24時間) 時刻精度 PRCへトラッキング  <15ns(固定) ホールドオーバー   <±1.5μs/4時間(7日間固定) NTP v4 stratum-1サーバー構成 2,500 tps 測位精度       <3m水平、<5m垂直
GNSSアンテナ
  • SMA  
ネットワーク管理
  • SNMPv2、HTTPS、CLI
ユーザーインターフェイス
  • CLI・Web UI
消費電力
  • 最大10W(平均5W)
寸法(mm)
  • 208 x 200 x 44 (L x W x H)
重量(kg)
  • 3.0
電源
  • AC、DC -36V ~ -72V(1台でAC/DC電源へ対応可) PoE(オプション)
動作環境
  • -40℃~+85℃、5~95%RH  (保存温度:-55℃~+105℃)
シリアル番号
  • TS200本体下面にラベルにて記載しています。

FAQ

NTPサーバー

  • Q

    NTPとは何ですか

    A

    (名称) NetworkTime Protocolの略です。 (概要) パケット交換による遅延時間が変動するネットワーク上のコンピュータシステム間で時刻同期させるための通信プロトコルです。 (目的) 全ての参加コンピュータを協定世界時(UTC)の数ミリ秒以内の時刻に同期させることです。

  • Q

    タイムサーバーとは何ですか

    A

    タイムサーバーは、基準クロックから実際の時間を読み取り、コンピューターネットワークを使用してこの情報をクライアントに配信するサーバーコンピュータです。 種類は、PTPタイムサーバー、NTPサーバー、他のタイムサーバーがあります。

  • Q

    インターネット上で使えるNTPサーバーのメリット・デメリット

    A

    インターネット上で使える公開NTPサーバーを使う上でのメリット・デメリットをご紹介します (メリット) 無料でNTP機能を使い始めることが可能 (デメリット) ・インターネット上の障害やノイズに弱い。 ・公開NTPサーバーへの通信を偽装したDDOS攻撃(NTPリフレクション攻撃)の対象になる可能性があります。よって、被害者であると同時に他者へのDDOS攻撃加害者になる危険性を含んでいます。

  • Q

    自社ネットワークに使うNTPサーバーのメリット・デメリット

    A

    自社ネットワークに使うNTPサーバーを使う上でのメリット・デメリットをご紹介します (メリット) ・自社が社内ネットワークで閉じるため、セキュア。 ・インターネット上のゆらぎの影響を受けない。 ・閏秒対策の手間が減る(各機器に行う必要なし) (デメリット) ・NTPサーバーの投資と運用が必要です。

  • Q

    時刻同期の仕組み

    A

    NTPプロトコル上では協定世界時 (UTC) を使って時刻を送受信します。 NTPサーバプログラムが他のNTPサーバに接続すると、上位NTPサーバとのネットワーク通信の遅延を継続的に計測し、受け取った時刻情報を補正して自動的にミリ秒単位の精度で自機・OSの時計を校正します。

  • Q

    stratum-1は何ですか

    A

    NTPの階層構造の一つです。 NTPでは、時間源の階層的システムを使用しています。階層の各レベルはstratumと呼ばれます。最上位の基準クロックをstratum 0とし、stratum 0に同期しているサーバをstratum 1とします。 以降、stratum nに同期しているサーバをstratum n+1とします。この番号は、基準クロックからの距離を表し、階層内での依存関係のループを防ぐために使用されます。stratumの値は必ずしも品質や信頼性を示すものではなく、あるstratum 2サーバとstratum 3サーバを比較して、stratum 3サーバの方が高品質ということもあり得ます。

アンテナ

  • Q

    アンテナの種類

    A

    ・バレットIII:GPSのみ ・バレットGG:GPS、GLONASS ・バレットL1/L2GPS二重帯域:L1・L2周波数 ・バレット40dB:GPS L1高ゲイン (40dB) ・バレットGB:GPS、Beidou ・バレット360:GPS、Galileo、Beidou、GLONASS