原田産業 
通信・鉄道インフラ向けサイト

AIFチーム

特長

〇産業用イーサネットリンクM12チャネル・パーマネントリンク(M12-M12)、ハイブリッドリンク(M12-RJ45)を測定。 〇2種類の測定構成をご用意:Dコード(2ペア)とXコード(4ペア) 〇産業用イーサネットの規格PROFINETを採用。他規格の選択も可能(2ペア用Cat5e)、カスタム可。 ※PROFINET:Profibus協会が提案する産業用イーサネットの標準。 〇TERAインターフェイスとテストコードで構成。テストコードのみ消耗するので、アダプタの長寿命が実現。

仕様

仕様
  • 〇M12接続:M12は丸形のコネクタで2ペア接続によって、スイッチとMHIデバイスもしくはドライブ間100Mbps伝送レートに対応します。相対的に、一般的なイーサネットケーブルは12ペアと36ペアを使用しています。ワイヤーエキスパートでは、カスタムケーブルメニューから2ペアテスト構成を選択すると、構成に設定することが可能です。 〇Xコード接続:産業用イーサネットで10Gbps通信させる(規格:IEC61076-2-109)ためには2ペアでは不十分で、Xコード接続と回路が必要で、4ペアのイーサネットケーブルを使用します。これはCat6AやClassEAに似ていますが、高精度を求めない接続ではXコード接続を使用します。